自宅でできる視力回復方法

a0002_011005

 

視力が下がって困っている人が大勢するようですが、そんな中で家庭でできる視力回復が注目されています。視力回復の方法といえば目のマッサージなどを思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、実際のところマッサージで視力が向上したりはしません。視力回復で重要なことは、まず首の凝りをもみほぐすことです。視力の低下を感じる時や、目を使った時、首の凝りがひどくなっているということがあります。

 

首の後ろのうなじ部分には、目の反射区があり刺激すると目の血流が良くなります。しっかりと刺激することで視界が明るくなり、目の疲れも軽くなるでしょう。首のストレッチをしっかりと行うことが視力回復の第一歩だといえます。肩と同じように、首も目の疲れが蓄積するところです。目の悪い人ほど首が凝っており、猫背気味です。肩のストレッチも念入りに行うようにしましょう。肩や首のマッサージをしっかりと行ったら、目のツボをマッサージしましょう。目の回りには無数のツボがあります。

 

このツボを刺激し、血液の流れを良くすることが、視力の回復方法として優秀であることが広く知られています。毎日マッサージを続けることで毛様体筋の弾力が増、血液の流れが改善すると言われています。目のピントを調節する機能が向上するので、資力が回復するのです。首、肩、目のマッサージを毎日続けることが視力回復方法の基本となるといえるでしょう。

コメントは受け付けていません。