公共料金のクレジットカード払い

今まではクレジットカードで公共料金の支払いをすることは不可能でした。問題視されていたのが、クレジットカードの手数料の問題や国や自治体がクレジットカード会社の利益を助長するようなことにならないかということです。最近は、利用者の利便性、回収率のアップのため、クレジットカードで公共料金払いができる自治体が増えています。各自治体によって支払いができるカテゴリーは違うようですが、固定電話、放送料金、電気、ガス、水道、などができるといいます。

 

新聞購読料、インターネットプロバイダ料金などもクレジットカードで支払うことが可能です。公共料金をクレジットカードで払うことで払い込みの労力をカットできますし、うっかり払い忘れることもないでしょう。公共料金の支払いでクレジットカードのポイントをどんどん加算できるのも利点ではないでしょうか。公共料金の支払いは、毎月必然的に行うものです。特にクレジットカードを使った決済をしていなくても、少しずつポイントを貯めることができます。

 

自分で家計を把握する場合にありがたいのは、クレジットカードの明細が公共料金の支払い履歴になることです。クレジットカードに入会する時に公共料金の支払い手続きができる会社が増えています。近頃できるようになっているのは、インターネット上の操作でクレジットカードの公共料金の支払い手続きをする方法です。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。