野球グローブ手入れの仕方

野球のグローブの手入れの仕方では、グローブを横向きに置いておくことはしてはいけません。

 

横向きに寝かせて置いておくとグローブが型崩れしてしまいます。
正しいグローブの置き方はグローブの内側を下向きにして縦方向でおいておくことで型崩れせずにグローブを使えることができます。

 

グローブをバッグの中などに入れておく場合は、グローブのポケットに球を入れておきます。
そうすることでグローブの形状が型崩れしません。

 

グローブを使い終わった後には、保革油(オイル)をが染み込んだタオルで乾拭
きするのがいいです。

 

オイルを塗るのは週に1度くらいで、グローブの革の状態を見ながら革がカサつき始めたころにオイルを塗っておくのが良いでしょう。

 

グローブにオイルを塗りすぎてしまうと、グローブが型崩れしやすくなってしまうのでオイルの塗りすぎには注意しましょう。

 

オイルの塗り方は、固形オイルをポケットの場所に薄く塗っていきます。

 

グローブのポケット部分はボールをキャッチしていくうちに革が伸びてシワができやすいので、人差し指にタオルなどを巻きつけてポケット部分の真ん中に向けて
拭くようにするのがいでしょう。

 

同様にグローブの外側も固形オイルを薄く伸ばすように塗っていきます。
グローブの紐の部分は擦れてカサつきやすいので、紐の部分だけは直接オイルを手に付けて塗りこんでください。

 

こまめにグローブを手入れすることで長持ちします。

 

 

コメントは受け付けていません。