グローブの種類と特徴

グローブの種類には様々な物があります。

ピッチャー用のグローブ、ファースト用のグローブ、キャッチャー用のグローブ、内野用のグローブなどがあります。

 

まず、ピッチャー用のグローブの特徴はグローブのポケットの上の網の部分に隙間がなくてグローブの外から見えなくなっているのが特徴です。

どうして隙間がない設計になっているのかというと、ピッチャーが握っているボールの位置を相手チームに見られてしまわないためです。

 

ファースト用のグローブの特徴には、内野手からの色々な送球をうまく捕れる
ようにグローブのポケットが深くてネットの部分が長く設計されています。

 

キャッチャー用のグローブの特徴は他のグローブと代用することができず、ほかのグローブよりもグローブの皮が厚いのが特徴です。

キャッチャー用のグローブが分厚いのは、ピッチャーが強く投げるボールを何度も受けとらなければいけないので、このような設計になっています。

 

内野用のグローブの特徴はセカンド用、サード用、ショート用のグローブが
あります。
この3つのポジションに使われているグローブは構造が良く似ているので互いに代用することが可能です。

内野用のグローブはセカンド用、ショート用、サード用の順番に少しずつグローブの大きさが異なっています。なぜ大きさが異なるのかというと、送球されたボールの強度とグローブの大きさが比例しているからなのです。

 

野球をするときは自分のポジションに合ったグローブを選ぶことが一番いいでしょう。

 

 

コメントは受け付けていません。